NK療法とガンマナイフが完全治癒に向けた明るい道を切りひらく

医者

新たながん治療

笑顔

最近のがん治療で期待が持たれているのが、NK療法です。NK療法では私達の免疫システムを活性化することが出来るため、副作用を起こすことなくがん細胞を攻撃できます。治療費は未だ高額ですが、年々人気の高まっています。

Read More...

高齢者のために

笑顔

ガンマナイフという方法は切らないで治療する方法です。体内に金属の玉を入れてがん細胞に光線を照射してがん細胞だけをやっつけます。副作用はありませんが、定期的に再発していないかの検査が必要になってきます。

Read More...

ガンマナイフ治療

笑顔

髄膜腫はあまり人に聞きなれない病気ですが、最も多い脳腫瘍の一種です。この髄膜腫は、一般的に脳を覆うくも膜の細胞から発生する腫瘍のことです。そして、90パーセント以上の確率で良性腫瘍が発生します。この髄膜腫の一番の特徴は、女性に多いということです。原因として、遺伝や放射線、女性ホルモンなどの関与の可能性があります。髄膜腫の症状は、腫瘍ができる部位によって異なります。しかし、基本的に腫瘍により脳圧が上昇することで、頭痛、嘔吐・意識障害などが起こります。その他にも、腫瘍圧迫のために脳神経麻痺、てんかん発作、手足の運動麻痺が起こります。この髄膜腫は、基本的に頭部MRIによって早期発見が可能です。よって、早期発見には、定期的な健康診断が不可欠と言えます。

髄膜腫の病院での治療方法は、基本的に手術にて全摘する治療が行われます。しかし、髄膜腫は全ての症例で手術が必要なわけではないです。たとえば、まったくの無症状の場合、腫瘍が小さい場合は治療の必要はないです。具体的な治療方法は、まずはガンマナイフ治療が行われます。これは、腫瘍が小さい場合に適用されます。ガンマナイフは放射線治療の一種で、頭を切らずに治療ができます。直径3cm未満の腫瘍なら、90パーセント以上の確率で完治できます。その他にも、開頭腫瘍摘出術が行われます。これは、頭の皮膚を切開し、頭蓋骨を外すして腫瘍を摘出する治療です。ですが、発生部位によっては、全て摘出できない場合があります。この場合は、術後に放射線療法を受ける必要があります。